スシにされた!2006年06月01日 23時43分08秒

昨日行われた、W杯直前の親善試合。
日本2-2ドイツ

日本は流れの中で高原(ドイツでのあだ名:スシボンバー)の2発。
一方、ドイツはセットプレーからの2点。

全体の流れは日本が支配していたし、決定的な場面は日本の方が多かった。

ホスト国ドイツのムードは、自国チームのバッシングで最悪になってるらしい。。。ドイツはもう9日に開幕試合をやらなければならんし。

しかし、ドイツ地元紙の見出し
「日本にスシにされた!」
ってスシに絡むネタが好きだな。

2歳馬情報2006年06月02日 23時59分32秒

今年の注目新種牡馬はマンハッタンカフェ。
今は亡きサンデーサイレンス(SS)後継種牡馬として期待されているらしい。
既に、SS産駒のフジキセキや、スペシャルウィークや、アドマイヤベガの産駒達、いわばSSの孫世代が活躍しているのだが、マンハッタン産駒は親にそっくりで、えっ!?この仔SS産駒?と間違えるほどらしい。

現役時代、マンハッタンカフェは好きではなかったので、マンハッタンカフェ産駒は買わん!

ディープインパクトの半弟、ウィンドインハーヘアの04とか買いたい。
なんだっけ馬名。。。。。そう、ニュービギニング。
覚えて下さい、この馬名。

エアグルーブの仔とか。
今年も良い牝馬の仔が牡だから、ちょっと期待増!

安田記念・予想など2006年06月03日 19時12分20秒

昨夜は21時頃まで仕事をし、そろそろ上がろうかな~と思っていたところに
たまたま大阪帰りの先輩がオフィスに戻ったので、「喉が渇いたな~」ということで、近場の某蕎麦やチェーン店(ゆ○太郎)で飲み。

ここは、今日は飲んだなぁ~と思っても、1人3千円行くことはまず無い。
なので、会社の誰かが必ずいるという店。
案の定先客がいた(笑)。
合流して、先週の勤務先の社員旅行や、来週末の自社の社員旅行の話などで盛り上がる。
焼酎ボトル1.5本のみ(のみかけはボトルキープで)、締めで盛りそばを頼んでも、1人2千円で済んだ。安っ!

そうか~来週の今頃は上海かぁ・・・

春のGI 5連戦のラスト安田記念・予想~

◎インセンティブガイ
○ジョイフルウィナー(香港)
▲ダンスインザムード
△ダイワメジャー
△テレグノシス
△ブリッシュラック(香港)
△オレハマッテルゼ
△フジサイレンス

安田は毎年荒れるので、ちょっと手広く・・・

オレハマッセルゼ(俺、ハマってるぜ…)2006年06月04日 22時48分26秒

オレハマッテルゼ=俺、ハマってるぜ。
やはり来なかったな~

安田記念・結果
1着 ブリッシュラック(香港)
2着 アサクサデンエン
3着 ジョイフルウィナー(香港)

やはり荒れた。。。
でもアサクサデンエンは無視してた・・・
香港馬ワンツーになりかけた時には、一瞬夢を見たな。。。

実相寺監督とセブン2006年06月05日 21時11分38秒

私はウルトラセブンが好き。
子供の頃、東京放送・早朝時間帯の再放送を、眠い目をこすりながらよく観ていたものだ。

で、ウルトラセブン #08「狙われた街」を本当に久々に見た。
あの実相寺監督作である。
特異なカメラワークと内容は、他の話と一線を画する内容。

やはり、シュールなカメラワークだなぁ。他の話とは全く違うし。
この頃のATGのスタッフも参加しているから?

他の実相寺監督のシュールな話としては、
#43「第四惑星の悪夢」
も好き。

また、有名な放映禁止の#12「遊星より愛をこめて」も実相寺監督作。
既にマスターフィルムは焼却済みとか。
当時の小学二年生の記事を恨みます・・・

実相寺監督と言えば、「姑獲鳥の夏」を借りてこなければ。

シンドラーのリスト2006年06月08日 21時11分28秒

シンドラーと聞くと、この映画を思い出す。
しかし、今話題なのはエレベータ。

明日から上海なのだが、向こうでのシェアは高いらしい。
ガクガク・・ブルブル・・・

やっぱり、エレベータは三○ビルテクノサービスでなきゃ。。。ねぇ。

上海1stDAY その1:リニアと中国交通事情2006年06月09日 22時23分18秒

リニアモーターカー
上海1日目である。

まず楽しみな、世界初リニア(浮磁)の乗車。
浦東国際空港(デカい!)から市内までの約30kmを約8分で結ぶ。最高速430km/h!

加速は緩やか。騒音もそんなでもない。新幹線並み。
そして270km/hを超えたあたりから、未知の領域に。
そして最高速430km/hの辺りでは車窓風景が…笑った。
異常な世界だった。

龍陽路駅に到着。そこからホテルまではバスで40分ほど。
車内で現地ガイドさんから、上海の交通事情の説明があった。
赤信号でも右折可&車優先だそうで。
右側通行なので日本で言えば、左折なら赤信号でも曲がれるということ。
これが何を意味するか、、、後で思い知らさせる事に・・・。

ホテルに到着後、しばしの休憩後、夕食のレストランへ向け出発。
今夜の食事は「上海老站」という西太后も乗車したと言われる昔の列車を改造した上海料理のお店。
なんと、通されたのは一番奥の西太后が実際に乗車した車両。そこで料理を頂く。
中でも大ナマコの煮込み料理には驚愕。コラーゲン取りすぎ注意報が出そう。そんなに大量に食べるものではないな~

夕食後は黄浦江のナイトクルーズに。
(1stDAYその2につづく)

上海1stDAY その2:ナイトクルーズ/横断歩道の恐怖2006年06月09日 23時41分28秒

上海テレビ塔とネオン
ナイトクルーズ。

しかし、黄浦江を行き交う船の電飾が派手~

重油臭を漂わせながら我々の船も出航。
ウチラは船の屋上から夜景を眺めるべく陣取る。

綺麗なライトアップされた夜景と共に、動きがシンクロしているカラフルなサーチライトもまた見事だった。

そしてその夜景の中でもひときわ目立つあのテレビ塔。
球体部分が色々な色に変色している~見てて飽きない。

周りを見渡すとかなりの数のクルーズ船が。
その他の商業船も通っているからニアミス的なこともしばしばあるみたい。
汽笛を鳴らしまくりながら川を横断する強者も。。。
上海では車やバイク、自転車に至るまでクラクションを鳴らしまくりながら走っている。船も変わらんのか~とその時思った。

ホテルへ戻り買い出しに。
横断歩道をこの時始めて渡ったのだが、青信号でも全く油断出来ない。
左折車はクラクション鳴らしまくりで突っ込んでくるし、通りの向こう側でも同様。人を引きそうになってもスピードを緩めない。
一体、1日に何人引かれているのか・・・と思ってしまう。

交通マナーが最悪な上海では絶対に運転出来ないし、住みたくないとこの時思った。。。

ホテルに戻るとワールドカップ開幕戦、ドイツ-コスタリカ戦が始まっていた。
中国語実況なので固有名詞しか解らなかった・・・
(2ndDAYその1へつづく)

上海2ndDAY その1:テレビ塔で甦る東ベルリンの記憶2006年06月10日 21時16分40秒

上海テレビ塔と黄浦江を望む
上海2日目。

まず、上海テレビ塔に登る。上海の近代的建築物の先駆け的なランドマークでもある。デザインがちょっと東より?の雰囲気がする。

263mの展望台へ。エレベータはシン○ラー製ではなかった。よかった。。。
展望台からの眺めは、ガスっていて今一つ。空気が悪いのか?
昔の東京もスモッグがすごかった頃は東京タワーからの眺めはそんなでもなかったのかな~などと思いつつ。

ガイドさんの話では、黄浦江の反対側は昔の工場やら、建物やらが並んでいて、今は取り壊し中なのだとか。広大な空き地が広がっている。
旧東ベルリンのテレビ塔に登った時に、共産圏らしい同じ様式の建物がずらーっと並んでいた風景を思い出した。

塔をおりたあと、黄浦江の地下道を通るアトラクション「外灘観光随道」に乗る。これが意外にもなかなか面白い。TDLのアトラクションのようでもあった。

この後、上海の古い街「豫園」へ
(上海2ndDAYその2へつづく)

上海2ndDAY その2:豫園にて、あやや現る2006年06月10日 23時38分39秒

豫園にて
豫園は上海の浅草的存在。
昔ながらの建物に、色んなお土産や、商店が入っている街。
奥の方には庭園もあるらしい(時間が無くて行けなかった)。

自由行動の時間があったので、先輩と共に勤務先のお土産を買う。
小さな包装菓子が量り売りになっている。アメ横の「二木の菓子」のようなお店だった。かなり大量に買ったが、30元(450円)とかそのぐらい。安っ!

二木の菓子のお店を出ると、通りに人が群がっていた。
何なんだ!?と思い、その中心の方へ向かう。
何かの撮影?中国の女優さんかな?と思い通り過ぎようとした時、
地元観光客から「マツウラアヤヤ」(笑)という声がしたので見返すと、
おぉ、よく見ると確かにあややだ。顔、小っちゃいな~。チャイナドレス風の衣装がなかなか似合っている。

特にファンとかでもないのだが、思わずカメラを向けてシャッターを切ろうとしてしまった。周りの取り巻きに怒られた。。。
(肖像権の問題もあるし、ミーハーだな俺・・・)
後日、検索すると前日に上海でライブとの情報があったので、やはり本人だろうな。(そんなん確認してどうするん)

自由行動タイム後に、同じ会社の同僚にその事を話したら無性に悔しがったいたな~ハロプロファンだからなぁ。
(上海2ndDAYその3へつづく)