冷凍餃子2008年02月01日 23時45分03秒

今年も加工食品問題は鎮火しそうにない。
1月末に市川で判明した冷凍餃子中毒に端を発し、次々と明るみに出るお粗末な対応。

兵庫のケースではメーカーまで連絡が行くまでにいくつもの機関を経なければならないという事も連絡ミス、遅れの原因。
病院→保健所→兵庫県→東京都→品川区→品川保健所→メーカー

中毒が発生した地区の保健所が直接メーカーに問い合わせる事は出来ないというか慣例でそうなっているらしい。アホらしい。

方々で発生したら、こんな連絡体制では破綻も目に見えている。
実際今回もFAXし忘れで重要な情報がメーカーまで届かなかったようだし。
厚労省も報告ルールを変更するらしいけど。

しかし、今回の一件でわかったことは冷凍食品にいかに今の日本人が依存しているかだ。
確かに便利で安く簡単だ。
その利便性で何かを犠牲にしている事を肝に銘じなければならない。
家庭での食文化の崩壊。輸入食材に偏った食文化。
「安い」と「安全」は同じ漢字を使うが並び立たず正反対なのかもしれない。
過去のケースを見ても、安さを追求すると安全が疎かになりがちだ。

今一度、家庭での手作りの味を見直して欲しい。
実際家庭で手作りした餃子は旨いぞ。
料理を手伝いながらも家庭内コミュニケーションがとれるだろうし。

毎日毎食、加工済冷凍食品を食べ続けて育った子供はどうなるか・・・。

当分餃子は食いたくないな。
冷凍加工食品はもともと食わないから・・・

ボルドーのロゼ2008年02月02日 23時07分20秒

ラ・ロゼ・ド・モンブスケ
毎年花見の前の季節、2月とか3月号になるとワイン雑誌はこぞってロゼ特集を組む。
某誌の今年の2月号もそうだった。
ロゼ・・・日本人はあまり好んで飲まない様だが、その肩の張らないシチュエーションで飲めるし、料理にも合わせやすいことから、フランスやアメリカで需要が拡大しているのだとか。

日本では、お花見の季節に桜を眺めながらのロゼ。暑い季節には花火を観ながらキンキンに冷えた辛口のロゼ。
なんとも最高ではないか!

ロゼをいろいと調べていくと、あのボルドーの有名シャトーでもロゼをつくっていた。

・ロゼ・ド・パヴィ(シャトー・パヴィ)
・ラ・ロゼ・ド・モンブスケ(シャトー・モンブスケ)
・ロゼ・ド・カロン(シャトー・カロンセギュール)

ロゼは早飲みタイプが多いので、もう2006年ヴィンテージも飲める。
そして安い!有名シャトーものでも千円台で買える!
かの2005年ビックヴィンテージをいち早くロゼで味わえる!

そして肉魚野菜何にでも合わせられる守備範囲の広さ。

う~ん、ロゼブームってきてもおかしく無いんだけど。
あらら、有名シャトーものは完売多いなぁ。
是非ともセラーリストにに加えたい。

ブドウと農薬2008年02月03日 17時19分29秒

中国製冷凍餃子に端を発し、また中国野菜の残留農薬が話題となってきた。
今朝報道番組内で中国でのブドウ栽培の場面が出てきた。
ブドウの房にたっぷりと色々な農薬がブレンドされた液を散布して、房から農薬がしたたっていた。
農家の話によると「ワイン用だから大丈夫」とのこと。
ホンマかいな?日本報道のやらせか?とも思える様な映像だった。

ワイン用だから農薬をたっぷり使っても大丈夫とも受け取れる言い方。

本場フランスではもはや昔ながらの農薬をつかっての栽培は時代遅れ。
ビオディナミの波が押し寄せており、その醸造認可をとる醸造所が増えてきている。
ビオディナミとは自然農法、有機栽培など、醸造上に必要な添加物(亜硫酸)を除き、農薬などを全く使用しないブドウで造る方法のこと。
そういった経路で造られたワインを総称してビオワインいう。
最近では亜硫酸も添加せず完全な無添加ビオワインを送り出す作り手も多い。(さらに温度や保存にデリケートなワインになるが)

中国の農薬したたるブドウから造られるワインとはどんなものなのだろうか?
絶対に飲みたくはない。

中国やインドをはじめとしたワイン新興国の富裕層は、もっぱらフランスなどの有名シャトーやドメーヌの高級ワインをこぞって買い漁っているらしいけど・・・

日本がバブル絶頂の時の様に。

光が来た!2008年02月07日 22時34分46秒

ついに我が家に光が!
光を引き、IP電話化&ネットワーク環境が激速!

電話は違いはよく分からないが、インターネットは速い速い!
ISDNからADSLに変わったときも感動モノだったが、今回も!

ブラウジングよりも、ファイルをダウンロードする時にその恩恵がよく分かる。
今まで数十分かかっていたサイズも数十秒!こりゃすごい!

動画再生もぶつぶつ切れることも無いだろうな。

これで通信費は3分の1以下になるのだがら、これまたスゴ~!

南大門焼失!2008年02月11日 17時52分08秒

今朝のこのニュースを聞いたときに愕然とした。

ソウルは3回ほど訪れたが、3回とも南大門(市場)には行ったと思う。
あの、南大門が全焼。酷な映像である。
直前に不審者が2階にあがるのを目撃されているので、放火の疑いが強いという。
改修工事を経てはいるが14世紀の建造物。
非常に残念だ。

しかし、都会のど真ん中にある国宝。もっと厳重な警備を
しいていなかったのか?

かつて、日本も何点かの国宝級建造物を放火によって焼失している。
・金閣寺放火事件(1950年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA%E6%94%BE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6
・谷中五重塔 放火心中事件(1957年)
http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/meisyo/gojyuunotou.html

なかでも金閣寺の放火事件はショッキングだ。
幾度も題材にした作品が書かれたことでも有名。
焼失前のオリジナルはやはり今とはかなり趣がことなる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:GoldenPavillion1905.jpg

谷中の五重塔は最近明治期の設計図が発見され、再建機運が高まっている。
是非とも再建して欲しい。

いずれにせよ、現代の復元技術をもってしても、南大門も完全な復元は不可能であろう。。。

またか!ト○ンドマイクロ!2008年02月14日 23時16分31秒

2月13日から今日にかけて、Dominoサーバーのパフォーマンス低下やOS再起動を繰り返すといった障害のトラブルシューティングに追われた。

今日になって、原因が判明。
原因は某TM社のウイルスパターンファイルだった。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/731545
http://blog.itoy.jp/archives/20080213_1341.php
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1058

うーむ。3年前ぐらいにも同じような事をやらかしてJRが大打撃を受けたニュースを思い出した。。。
なんでまたやらかすのか。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0504/23/news015.html

今やウイルスから身を守るために必須となったアンチウイルスソフト。
しかも日々の最新定義ファイル更新が重要とされてきた事がまたもや根底が覆る様な事件。

またもや企業の某TM社離れが加速するかも?

冷凍食品問題で思う事2008年02月22日 23時29分10秒

冷凍食品の未来は明るいと年初にTVでやっていた。
「ガイアの夜明け」かな?
急速冷凍などの冷凍技術革新で、鮮度や食感を保ったまま保存が可能なんだとか。

今や見る影もない。安全が確認されるまでは手出しできないだろう。
スーパーでは4割引でたたき売られているが、全くと言っていいほど客が付いていない。

今回の一件で食の安全、食文化などについて改めて考えてみた。

核家族化からさらに細分化がすすみ、1人世帯がかなりの割合を占めるまでになったことで、家庭料理などというものは瀕死な状況なのではなかろうか?
ファミレス、ファストフード、ホカ弁、デパ地下。
いつでも、食べたいものを、料理をせずに、簡単に食べれられる。
家庭環境によっては食材の原形さえ分からない子供達も沢山いるだろう。
(食育という事も最近は重要視されるようになってきた)

効率化された輸送ルートに乗ったもので、皆同じものを食べ、外食に頼りっきりな日本。
それでいいのだろうか?

効率や利益至上主義によって犠牲にされたもの。
それは、食の安全、自給率、家庭の味、郷土料理、古来から蓄積された日本人の知恵、スローフードの良さ、などではないだろうか。
事実、絶滅寸前の郷土料理は沢山あるようだ。

失ったものはとてつもなく大きい。
しかし、手作り料理、国産の安全性、郷土料理の知恵を改めてアピールする良い機会だと思う。

スーパーに足を運んでみると、品物を手に取ってパッケージ裏を見ない人はいないくらい。
そしてよく分かった。製造者不明で、販売者しか載っていない食品が多すぎる。
もう、国内産と分からないものは買いたくないな。

という事で、、、明日は手作り餃子をつくってみよう!
国産ニラ売ってるかなぁ???

マエヲミロ!2008年02月23日 00時50分16秒

タイトルが坂本○綾の曲名っぽいけど。。。

移動中の携帯使い。大嫌い。
歩行中、運転中(道交法違反!)、電車移動中、常にバーチャルな世界に浸らなければならぬ人々。

座っている一列全員が携帯に向かっている光景を良く目にする。
この国は大丈夫だろうか?

音楽聴きながら携帯いじりながら自転車に乗ってる馬鹿がいる。
ぶつかって怪我せんとわからんのかい。
おそらく、一度自動車とかにぶつかって危険な目に遭わんとわからんのだろうな。

マエヲミロ!

相手の気持ちより空気読め?2008年02月23日 01時57分41秒

とあるサイトで目にした記事。


"今は相手の立場に立って考えられない人が多いので、「相手の気持ちを考える」より「その場の空気を読む力」が重要だ。"

本当にそうなのだろうか?
その場の空気を読むというのは他人、知人、友人と色々な場面があるだろう。
確かに仕事の世界でも「空気読む力」も重要だろう。

しかし、根底にあるのは相手と自分という関係ではなかろうか?
空気を読む以前な場面も沢山ある。
道ですれ違う人、コンビニで居合わせる人、昼食時に隣に座る人。
空気を醸し出す時間すら無い時。
そんな状況でも相手と自分の関係を瞬時に判断しなければならない時は多い。

そんな事してたいら通行の妨げになるだろう。
そんな事したらお店と他人の迷惑になるだろう。
隣で飯食ってるのにタバコを吸うのかよ。
満員電車で新聞読むのかよ。

マナー以前のような人間が増えてきてると感じるのは私だけなのだろうか?
やはり相手の立場にたって考えたい。

相手の立場を考えられない人たち・・・これはどうしたものか。
一度嫌なことや迷惑な目にあったら分かるだろうに。

簡単!手作り餃子2008年02月23日 22時46分11秒

あつあつ餃子!
久々に餃子をつくってみた。
(因みに最近多い「ギョーザ」とカタカナで書くのは好きじゃない。いつからカタカナが主流になったのか・・・)

餃子は意外に簡単に出来てしまうなぁ。
材料:豚ひき肉150g、キャベツ1/4個、ニラ1束、ニンニク1カケ、鶏ガラスープの素1サジ、塩少々、オイスターソース少々、市販の餃子の皮(標準サイズ)。

1.キャベツをみじん切りにして、軽く塩を振って10分ぐらい置く。
2.キャベツの水気を絞って、肉と混ぜる。
3.ニンニク、鶏ガラスープの素、オイスターソースを加え粘りけが出るまで混ぜる。
4.最後にみじん切りにした、ニラを加え、具は完成。
5.具を皮で包む。肉汁を閉じ込めるため、隙間をあけないように。
6.熱したフライパンに、ごま油をしき、包んだ餃子を並べる。
7.油が餃子になじんできたら、熱湯を餃子が半分浸かるぐらいまで入れ、フタをしめる。
8.水分が無くなってきたらごま油を少々たらして、皮が香ばしくなるまで焼き上げて完成。

パリパリにきつね色に皮が焼けた~!
めちゃ美味しい!こりゃあ、ビールが進む!