2cmの差2008年11月10日 19時47分15秒

第138回天皇賞(秋)。
久々の豪華なメンバーでドキドキの発走前。

新たなディープ伝説を生むか?今年のダービー馬「ディープスカイ」。
牝馬が64年振り勝利の快挙を成し遂げた、去年のダービー馬、女傑「ウォッカ」。
ウォッカとの直接対決は3勝1敗と勝ち越しているGI3勝で連対率100%の真の女傑「ダイワスカーレット」。
この3頭が3強を形成していた。

その他、2歳チャンピオン「ドリームジャーニー」や、去年の菊花賞馬「アサクサキングス」など。

3時40分、ゲートが開いて一斉にスタート!
ダイワスカーレットが先行し、自分のペースに持ち込んだ。
ウォッカとディープスカイは中段よりやや前の位置取り。
前半の1000mを58.7というハイペースで刻む。
そして最終コーナーを回り、最後の直線へ。
ウォッカとディープスカイが外側から一気に追い込みをかける。

あと、200mでウォッカが先頭に並びかける!
しかし内側からダイワスカーレットも根性で巻き返す!
ディープスカイも間を割ってくる!
そしてウォッカとダイワスカーレットが並んだままゴール板を通過。

写真判定。結果が出るまでに異例の15分という長時間。
真っ先に、99年のグラスワンダーとスペシャルウィークの決着を思い出した。
結果はウォッカが2cmのハナ差でダイワスカーレットを競り落とした。

ここ何年か中でもベストに入るだろうレース。
馬券も的中したが、3強が3着以内に入る堅い鉄板決着。
でも馬券よりも記憶に残るレースであろう。

ウォッカとスカーレットとディープスカイ。
この3頭でまた記憶に残る名レースを戦って欲しい。

JCでは最強古馬のメイショウサムソンも参戦するだけに楽しみ・・・

USBの速度10倍に2008年11月18日 23時47分52秒

次世代USBの規格、「SuperSpeed USB」ことUSB3.0の仕様が正式決定した模様。

転送速度は現行"2.0"の約10倍になるという。
またUSB2.0対応機器との互換があるということ。

データ移行作業でコピーに要していた時間が10分の1で済むというのは嬉しい。

ただ互換はあるといっても1.1や1.0に2.0機器を接続した時のように、3.0規格のスピードが出せるのは対応したボードやコネクタになるのだろうなぁ・・・

http://www.gizmodo.jp/2008/08/usb_30_2.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080129/292362/?ST=ittrend

続々BD化の波2008年11月29日 18時20分05秒

BD搭載レコーダも一般家庭に浸透し始め、
年末年始商戦に向けてかどうかはわからんが、
昔のアニメやら映画のBuleRay版が続々発売されるようだ。

BD規格のドライブが無い私には縁のない話ですが・・・

しかし、ディスクの仕様がどうも気に入らない。
2層で50GBなので、もっと入りそうなのにやたら枚数が多いパッケージ。相当ディスクの空き容量があるのでは?
金儲け主義と言われても仕方がない。
また、放映や上映当時の画質や技術レベルを考えるとHDフル規格で観る必然性が本当にあるのか?

まあ実際のところ、HDテレビでDVDソースを観ると、ブラウン管TVよりぼやけて見えてしまうのはあるけど。
ウチのプロフィールプロでDVDソース観た方がよっぽど綺麗。

この不景気。
1年後とかにどうせ廉価版が出るし。
初回限定版などを買わなくても良いだろうなぁ。と思うのでした。

それでなくても、来年はガンダム30周年。
某バ○ダイは必死に売り込んでくるだろうなぁ。