ハイレゾ2013大賞2013年12月30日 15時42分14秒

ついにハイレゾ音源に手出ししてみました。

2013年度太鼓判ハイレゾ音源大賞は麻丘めぐみ
http://www.e-onkyo.com/news/57/

エヴァ初期サントラもハイレゾ化!
http://www.e-onkyo.com/news/52/

CD音源とハイレゾ音源は、映像で言うところのSD画像とHD画像ほどの違いがあるそうなのだが、
完全なハイレゾ再生環境がなくともその違いがはっきりわかりました。。

しかし
「音楽の仕事をするなら、麻丘めぐみを聴いておけ」
ってすごいな。

確かに、当時のビクターがアイドルポップス第1号として精魂込めて作った彼女の作品群は非常にレベルが高いと思います。

70年代歌謡曲は現在の楽曲が失ってしまったアナログテイストの良さが凝縮されていると感じます。
特にストリングス!

「悲しみのシーズン」とかハイレゾだとさらにストリングスの良さが堪能できました。。。

「女の子なんだもん」のギターやバスドラ、「左きき」のベース(高中正義?)、「夏八景」のベースやクラビネットなど…ハイレゾを聴く価値はありました。

もちろん、主役のヴォーカルもCD音源よりも「甘さ」と「広がり」が増しているように思えました。

それと、CSでやってた1972年レコ大の彼女はメチャクチャ可愛かったですー

お金と時間があったらエヴァも聴いてみようかなぁ。
ハイレゾ音源を完全に再生できる環境が先か…

SEVEN2011年01月03日 12時19分34秒

BD版 SEVENを観た。
やはりブルーレイの画質はすごい。
暗い画面が多い本作は暗い描写にもつよいBDの良さが際立つ。
DVDでは不鮮明なところも見返して新たな発見も。

実写版ヤマト発進!2009年10月04日 19時49分11秒

「ヤマト」フリークの私としては最近は気になるニュースが目白押し。

そんな中、実写版ヤマトの配役が決まった。
個人的には実写版よりもアニメのリメイク版に期待しているのだが・・・

古代進:キムタク(もうなんでもかんでも主役キムタクはやめて欲しい)
森雪:黒木メイサ(エリカ様降板で…個人的には北川景子にして欲しかった)
島大介:緒方直人(う~んオッサンやん)
真田さん:柳葉敏郎(う~ん個人的にはもっともっと癖のある俳優希望)
斉藤始:池内博之(なんで「さらば」の空間騎兵隊がおんねん)
相原義一:マイコ(女性通信員に設定変更かぁ。モデル出身。なんか綾波っぽい)
古代守:堤真一(結構あってるかも)
佐渡酒造:高嶋礼子(佐渡先生が女医に!おいおい!一升瓶もって気付け薬はできないなぁ)
アナライザー:CGか?
徳川機関長:西田敏行(こっちが艦長っぽいよなぁ)
沖田艦長:山崎努(う~ん)
地球防衛軍長官:橋爪功(う~んイメージ違うなぁ、声は伊武雅刀だし)

デスラーは?まだ極秘のよう。裏の主役なだけに重要な配役。中井貴一とかがあってそうな?ちょっとニヒルな雰囲気を醸し出せそうな人希望。
で、タランは?ドメルは?スターシャは?

ブラックタイガーの加藤三郎は森雪が乗って出撃する設定になってるので配役削除だろうなぁ。そもそも男勝りな雪はイメージが合わない・・・
太田に南部は?いないの?…可哀想に。

音楽は宮川彬良氏にして欲しいな。

配役は総じて「う~ん」っな感じ。イメージ違うなぁ・・
原作の設定がメインが10代、20代の若者なので難しいのは分かるけど。。
そもそも女性が森雪のみっていう設定にも無理があるよなぁ。
そうしたら女優1人になっちゃうし。

それはさておき、健全な男子諸君なら一番の関心事。
メイサはあのコスチュームを着る事になるのだろうか?
そもそもコスチュームデザインはどうなるのだろうか?

F1 2009年は波乱?2009年03月21日 20時38分48秒

不況で国内メーカー撤退が相次いだモータースポーツ界。

2009年のF1はホンダが撤退し、チーム数減少が危ぶまれたが、
元フェラーリマネージャで前ホンダのマネージャも務めた
ロス・ブラウン氏に売却され「チームブラウン」としてプライベーターでのエントリーも決まった。

そのチームブラウンが1番時計を連発。テストでは好調のようだ。

2009年はレジュレーションが大幅に変更された。
スリックタイヤの復活。整流板など空力パーツの大幅制限。
フロントリアウィングのサイズ変更。
運動エネルギー回収システム(KERS)の導入。
など盛りだくさん。

この変更もあって今まで通りのチーム序列が変わるのではないかと思っている。

2009年の規定で、不格好になったと言われるマシン達だが、いずれ「速いマシン=格好いい」と見られるようになるに違いない。

いずれにしてもホンダの血を引く「チーム・ブラウン」頑張れ!

MCP 70-640 ActiveDirectory Windows 2008合格!2009年03月14日 19時48分34秒

初のMCP(Microsoft Certification Program)試験に合格!
今回受験は「70-640 Windows Server 2008 ActiveDirectory」
http://www.microsoft.com/japan/learning/mcp/mcts/windowsserver2008adc/default.mspx

色んな参考書を見たけど難易度にばらつきがあり、そんなに問題が難しいのか?というものもあり。

MCP情報交換サイトでの合格者の声を一通り目を通す。
通称「赤本」がこの試験にはベストな参考書であるようだった。
赤本を基礎に勉強していたのでちょっと安心。

しかし、かなり不安な状態の中で受験。

いざ試験、いきなり苦手なCA(認証機関)の問題が立て続けに出題され、お先真っ暗状態に・・・

しかしその後は解いたことがある問題や似たような問題が続き、
見直しも含め残り20分を残し、終了。

一抹の不安を覚えながらも[試験終了]ボタンをクリック。
15秒ぐらい採点に時間がかかったが、妙に長く感じた。

「おめでとうございます。合格です。規定の点数に達しました。」
のメッセージが表示され、安心したような、ほっとしたような。

学習期間は約3週間。ADに携わったことがある人や、構築した経験があるなら、ちょっと勉強すれば受かる試験だと思った。

次に受けるとしたら「MCP 70-643 Win2008 アプリ編」かなぁ。
Windows2008へのリプレースや、「Hyper-V」とかの案件がこれから出てくるだろうし。

製図用シャープペン2009年01月14日 20時13分22秒

今まで使ってきたシャープーペンについて考えてみた。

今までは0.5mmの安っーいシャープペンしか使ったことがなかった。
もらい物や、コンビニで売ってる100円代のものとか。

総じて、握りが細い。疲れやすい。芯が折れやすい。など、、、
これはいい物!という物は無かった気がする。

昨今話題の「クルトガ」も使ってみた。
一般用では450円少々と高い部類に入る。
筆圧が足りないせいか、芯が回らない。。。orz
これでは買った意味がなーい。
今までも無意識のうちにくるっと回して芯をとがらせていたんだけど。

考えたり、勉強用にいいシャープペンは無いものか・・・

元美術部にしてはそうしたプロ用のシャープペンには見向きもしなかった自分がなんか恥ずかしいような・・
そこで仕事帰りに近所の老舗文房具店を物色。

おぉ、「Pentel GRAPH1000 LIMITED」がまだ売られているではないかー
ネット上では即完売だった限定バージョンのプロ用シャープペン。
1000円という値段と重厚な感じがいい。

0.3mmを買ってみた。なかなか良い感じだ。

金杯で乾杯!2009年01月04日 22時05分36秒

中央競馬一年の始まりは東西の金杯で運試し!
通常同日に行われる金杯が今年は変則開催で、
4日に中山金杯、5日に京都金杯が行われる。

重賞の中では屈指の売り上げを誇る金杯。
運試しに賭ける人も多いのでしょうな。

さて、中山金杯、私の予想。
◎10番ヤマニンキングリー
○6番キングストレイル
▲1番アドマイヤフジ
△12番ミヤビランベリ
△16番ダイシングロウ
△13番グラスボンバー
△7番センカク
金杯にかけて「キン・キン」馬券から手広く馬単を狙いました。

で、結果ー
1着 1番アドマイヤフジ
2着 10番ヤマニンキングリー

的中~!馬単6,500円!幸先よいですな~

この一年が良い年でありますように・・・。

2008ベストゲーム2008年12月13日 10時44分13秒

今年ははまったゲームが多かった。
今年は「久々にゲーム機の電源を入れた」というものあったけど。。。

ハマった度で順位を付けると。。。
1位 零~月蝕の仮面(Wii)
2位 バイオハザード4(Wii)
3位 ディザスター デイ オブ クライシス(Wii)
4位 スカイクロラ(Wii)
5位 Wii Fit(Wii)

零シリーズでもWiiのリモコン&ヌンチャクでの操作感は抜群だった。
操作感を重視し、高解像路線に進まなかったテクモに拍手!

バイオ4は昨年の発売ながら、やってみてハマった!
これもWiiのデバイスでの操作感が秀逸。
海外版はグロいシーン満載らしいけど・・・

最新バイオ5(PS3)は映画と見間違えるほどのグラフィック。
そんなんで残酷シーンなってやってもよいのか???

あらためて、今年はWiiしかやってないな。。。

逆転賞金女王2008年12月01日 23時42分54秒

LPGAツアー最終戦。
LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ。

私は遼くんの1億円突破よりLPGAの中継を見ていた。

最終18番での大逆転には画面を見ながらまさに「うっそ~ぉ」。


全・不動組が16番を終えたところで、
全-8、不動-5、古閑-4
だった。

2組先の古閑は17番、長いバーディーパットを読み切ってバーディー。実況解説曰く「ここで入れないとチャンスが無くなる」を見事ねじ込んだ。
これで、全-8、不動-5、古閑-5。

ところが、17番でティーショットを曲げた全がボギー。不動はバーディ。
そして古閑は最終18番で、2打目を1.5mに付け、スライスラインを読み切ってバーディ。
全-7、不動-6、古閑-6

そして最終18番パー4。
全、不動とも1打目はフェアウェイをキープ。
しかし、全は2打目をグリーン横のバンカーに。
バンカーからのリカバリーもグリーンオーバーし、まさかのダブルボギーで、-5。
不動は2打目を絶妙なショットでピン横1mにつけ、バーディーチャンス。
これを沈めれば優勝だった。
しかし、実況解説のとおり、下りのスライスで見た目より難しいラインだった。
バーディーパットは1メートルオーバー。
そして入れて古閑とのプレーオフの1m返しパットもカップに蹴られ、なんとボギーで-5。
古閑-6、全-5、不動-5、

この瞬間、古閑の逆転優勝と、3位から逆転の賞金女王が決まった。
まさに歴史に残る大逆転劇だった。

勝つときも劇的だが、初の賞金女王になった瞬間もこれほどまでに劇的とは。

これで、師匠の清元登子プロは門下生全員(不動裕理、大山志保)が賞金女王に。すごいな。

続々BD化の波2008年11月29日 18時20分05秒

BD搭載レコーダも一般家庭に浸透し始め、
年末年始商戦に向けてかどうかはわからんが、
昔のアニメやら映画のBuleRay版が続々発売されるようだ。

BD規格のドライブが無い私には縁のない話ですが・・・

しかし、ディスクの仕様がどうも気に入らない。
2層で50GBなので、もっと入りそうなのにやたら枚数が多いパッケージ。相当ディスクの空き容量があるのでは?
金儲け主義と言われても仕方がない。
また、放映や上映当時の画質や技術レベルを考えるとHDフル規格で観る必然性が本当にあるのか?

まあ実際のところ、HDテレビでDVDソースを観ると、ブラウン管TVよりぼやけて見えてしまうのはあるけど。
ウチのプロフィールプロでDVDソース観た方がよっぽど綺麗。

この不景気。
1年後とかにどうせ廉価版が出るし。
初回限定版などを買わなくても良いだろうなぁ。と思うのでした。

それでなくても、来年はガンダム30周年。
某バ○ダイは必死に売り込んでくるだろうなぁ。