F1 2009年は波乱?2009年03月21日 20時38分48秒

不況で国内メーカー撤退が相次いだモータースポーツ界。

2009年のF1はホンダが撤退し、チーム数減少が危ぶまれたが、
元フェラーリマネージャで前ホンダのマネージャも務めた
ロス・ブラウン氏に売却され「チームブラウン」としてプライベーターでのエントリーも決まった。

そのチームブラウンが1番時計を連発。テストでは好調のようだ。

2009年はレジュレーションが大幅に変更された。
スリックタイヤの復活。整流板など空力パーツの大幅制限。
フロントリアウィングのサイズ変更。
運動エネルギー回収システム(KERS)の導入。
など盛りだくさん。

この変更もあって今まで通りのチーム序列が変わるのではないかと思っている。

2009年の規定で、不格好になったと言われるマシン達だが、いずれ「速いマシン=格好いい」と見られるようになるに違いない。

いずれにしてもホンダの血を引く「チーム・ブラウン」頑張れ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック