逆転賞金女王2008年12月01日 23時42分54秒

LPGAツアー最終戦。
LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ。

私は遼くんの1億円突破よりLPGAの中継を見ていた。

最終18番での大逆転には画面を見ながらまさに「うっそ~ぉ」。


全・不動組が16番を終えたところで、
全-8、不動-5、古閑-4
だった。

2組先の古閑は17番、長いバーディーパットを読み切ってバーディー。実況解説曰く「ここで入れないとチャンスが無くなる」を見事ねじ込んだ。
これで、全-8、不動-5、古閑-5。

ところが、17番でティーショットを曲げた全がボギー。不動はバーディ。
そして古閑は最終18番で、2打目を1.5mに付け、スライスラインを読み切ってバーディ。
全-7、不動-6、古閑-6

そして最終18番パー4。
全、不動とも1打目はフェアウェイをキープ。
しかし、全は2打目をグリーン横のバンカーに。
バンカーからのリカバリーもグリーンオーバーし、まさかのダブルボギーで、-5。
不動は2打目を絶妙なショットでピン横1mにつけ、バーディーチャンス。
これを沈めれば優勝だった。
しかし、実況解説のとおり、下りのスライスで見た目より難しいラインだった。
バーディーパットは1メートルオーバー。
そして入れて古閑とのプレーオフの1m返しパットもカップに蹴られ、なんとボギーで-5。
古閑-6、全-5、不動-5、

この瞬間、古閑の逆転優勝と、3位から逆転の賞金女王が決まった。
まさに歴史に残る大逆転劇だった。

勝つときも劇的だが、初の賞金女王になった瞬間もこれほどまでに劇的とは。

これで、師匠の清元登子プロは門下生全員(不動裕理、大山志保)が賞金女王に。すごいな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック