歴史塗り替えらず2006年10月02日 01時07分33秒

凱旋門賞、ディープは3着に敗れた。残念!
勝ったのは3歳のレイルリンク。

斤量差3.5kg。ここ10年で3歳馬は8勝もしている。
斤量差をもっと縮めないとこの傾向は変わらないだろう。

昨年、参戦するなら斤量の軽い3歳時の方がいいという意見もあった。
三冠馬か凱旋門賞馬か?これは究極の選択。

内枠、好スタートで前目で競馬をすることになり、マークされたのは事実。
スローな流れの中、ライバル視されていた、ハリケーンラン、シロッコには先着したのだから拍手してあげたい。

勝ちタイム、2分31秒…コース差もあるけど、やはり遅い・・・。
(日本の2400mレコードは2分21秒)

もし、メイショウサムソンも参戦していたら??
神戸新聞杯で負けたからな~(汗)

次走は当初の予定通り、ジャパンカップかな?

その前に、サムソンの2年連続三冠馬~はあるのか?

凱旋門賞に勝つには?2006年10月02日 20時26分08秒

競馬ファンならずとも注目した今回の凱旋門賞。
深夜にして視聴率22%は異常な数字だろう。
ゴールデンの40%には匹敵するのでは?

まぁそれはさておき。本題へ。
日本競馬史上に残る名馬をもってしても凱旋門賞に勝てなかったというショックが今朝の紙面からもにじみ出ていた。
今回はあまりにも好条件が揃い過ぎていた。
・少頭数
・フランスにしては珍しい絶好の馬場コンディション
・ライバル2頭の作戦も裏目
これだけの幸運に恵まれながら、惜しいチャンスを逸したと言わざるを得ないだろう。

では、なぜ勝てなかったのか?
武豊の早仕掛けが叩かれているが、多少の早仕掛けでも今までは勝ってきた。
武豊の「最後の直線でギアが上がらなかった」というコメントからも、ディープ自身の適正条件により紙一重で今回のロンシャンには合わなかった何かがあった。昨年の有馬記念同様に。  と思いたい。
正直、ディープに勝ったレイルリンクは後世からみて、ディープの上に来るような馬ではないと思う。
(凱旋門連覇やブリーダーズカップ(ターフ)優勝、ジャパンカップ優勝すれば見方もかわるかも???)

いつかは日本馬が凱旋門賞を勝つ日が来るに違いない。
その馬はディープより格下の馬ということは十分可能性としてある。

どうしたら凱旋門賞に勝てるのか?
-主な論点は
・参戦時期:斤量が有利な3歳時に菊花賞や天皇賞を捨てて参戦するか?
・滞在期間:エルコンのように、長期滞在して凱旋門を目標に参戦するのか?
・どのレベルの馬を参戦させるべきか?:下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではね・・・
etc,etc.....


・・・・以上、結論まとまらずに終わります。

競馬ファンは結論を出さずに「あーでもないこーでもない」と話すのが楽しいのだから・・・
ディープが勝てないから日本競馬の敗北を嘆くのではなく、まだ夢を見られると思いたい。
日本馬が、凱旋門賞をいつの日か制覇する日を夢見て。

スペックダウン…2006年10月05日 22時34分19秒

SONYの新型BD(ブルーレイディスク)プレイヤーに失望感。。。

前作で出来ていた2層BD(50GB)の対応が削除された。
保存出来るのは1層の25GBタイプまで。
Panasonicの新型BDディーガは両方対応できてるのに…
HD-DVDの30GBにも劣っている。
大容量が売りのBDだけにこのスペックダウンは痛すぎでない?

このところ不祥事続きだし、う~ん。どうしたSONY…

PS3は今のところ買う予定無いしなぁ。
次のPCは買うとしたら非VAIOだなぁ。orz

勝漫・神田須田町2006年10月07日 17時48分34秒

人間ドックの結果もオールAに近い結果であったし、
今日は淡路町から神田へ歩く機会があったので、久々に勝漫で昼食。
時計を見るとちょうど11時35分、開店直後。
お昼時になると入れないというトンカツの名店。
個人的には首都圏では五指に入ると思っている。

トンカツと並び、カツ丼の名店としても有名で、グルメ本や東京ガイドに載ってるのか、
一見さんがひっきりなしにカツ丼を注文しているのを見かける。
以前、カツ丼を注文した時に、だし汁を含みながらも衣がまだサクサクしているカツに感動した記憶がよみがえってくる。。。
そこに半熟溶き卵が掛かってるなんて、最高!
・・・しかし、揚げ物に卵とは、体には悪そうだよなぁ(笑)

今日はいつものように特ロースを注文。
私は脂が少なく肉質の差が少ないヒレよりもロースを好んで注文する。
店の善し悪しを判断しやすいし、トンカツの王道はロースだと思うのである。

私がトンカツの店を判断する材料として見ているものは次の5点。
・トンカツ本体:肉質、脂のサシ具合、揚げ加減、揚げ油の新鮮度
・キャベツ:手切りであること、みずみずしさ
・ご飯:旨いご飯であるか、炊き加減
・赤だし・味噌汁:出汁は十分とれているか、具材
・その他:漬け物(付け合わせにも手を抜いていないか)、ソース、食べた方の豊富さ(塩、大根おろしなど)

ここ勝漫はこの5点全てが満点に近い。
今日は、柚子胡椒が置いてあったので、柚子胡椒でも頂いてみた。

ここは、いま流行のキムカツとは対極をなす店だと思う。
値段もキムカツより全然安くて、美味しいし。
やはり個人的にはキムカツを好きになれないのである。

ところで、千切りキャベツを付け合わせに考えた人は偉いと思う。
脂っこい物を食べた後に千切りキャベツを食べると、口内の脂っこさが無くなる。
事実、スポンジの様な役割で、口の中の脂分を拭き取ってくれることが実験でも証明されているのだとか。

今日は何故かご飯がすすみ、お代わりをしてしまった。

ここの大将は頑固そうで、でも格好いい。
このお店は夜は飲み屋モードになっているらしく、夜のメニューもまた充実している。
また冬期は牡蠣フライの名店にもなるらしい。

いつか夜に入店してみたいものである。

http://u.tabelog.com/kaotankichi/r/rvwdtl/11863/
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13000380
http://www.jalan.net/kanko/SPT_170559.html

牛かつ おか田・新橋2006年10月09日 20時13分41秒

以前、客先で昼食をとった時に、めずらしい牛カツ屋さんを紹介して頂いた。

新橋と言えば、サラリーマンの聖地。昼飯時は定食屋激戦区でもある。
ここはニュー新橋ビルの地下1階にある、牛カツでは有名なお店らしい。
外観は、定食屋とはほど遠い、一見スナック風。
エプロンを掛けたおばちゃんが接客をしてる、新橋でないと無さそうな雰囲気。
奥ではコック姿の大将がカツを次から次へと揚げている。

ここの定番は、1100円のビーフカツランチ定食。
注文するや、談笑する間もなく運ばれてくる。早っ!トンカツでは考えられないスピード。
よく見るとカツはレアな状態で揚がっている。なるほど。

この牛カツをソースとわさび醤油で頂く。
個人的にはわさび醤油があっさりしていてベストマッチだった。

結構細かく切られているので、15切れはあるだろうか。
十分、牛カツを楽しめる。

ここは平日の新橋のお昼時に憶えておきたいお店です。

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13007833/

評価:★★★★☆

吉野屋・牛丼復活2006年10月09日 20時22分39秒

吉野家の牛丼が期間限定で復活したらしい。
個人的にはあまり食指は動かない。
もともと吉牛をあまりたべないから。

職場近くの吉牛もお昼時には長蛇の列。
職場でもその時間帯を避けて、持ち帰りを買いに行ってる人がおったなぁ。

因みに、築地本店・競馬場内の吉牛では年中牛丼は食べられます。
(農水省との絡みなのか?)

ディープ年内引退2006年10月11日 21時57分04秒

ディープの馬主である金子オーナーの意向で年内いっぱいでの引退が報じられた。
正直残念。もう1年は走って欲しかったな・・・

こうなったら、天皇賞→JC→有馬の古馬路線の王道を勝ち進んでほしいものである。

地元関西ではもう走らないんだなぁ。
関西ファンはガッカリだろうなぁ。

無敗の二冠牝馬2006年10月15日 17時58分10秒

今年は無敗の二冠牝馬が誕生した。
今日の京都11R秋華賞(GI、芝2000m)で、
オークス馬、カワカミプリンセス(牝3歳)が、前走のオークス(5/21)からぶっつけで臨んだが、道中は中団で折り合い、直線半ばで抜け出すという強い勝ち方で、無敗の二冠馬誕生となった。(5戦5勝)

この馬はことごとく、常識を覆して来た。
オークスのトライアルレースでスイートピー組は勝てないジンクスを打ち破り、オークス馬となった。
また、オークスからぶっつけでトライアルも一切使わずに、秋華賞に臨むことも異例。
管理する西浦師は2001年にテイエムオーシャンでオークス→秋華賞というローテで秋華賞を勝った実績からこのようなローテが組めるのだろう。

今後は、11月のエリザベス女王杯へ向かうものと思われるが、
来年、古馬となってからが正念場だろうな。
日本の古馬牝馬路線は貧弱だし、重めの負担斤量で牡馬に混じって戦わなければならない。
三冠牝馬、スティルインラブも古馬では勝てなかったし。。。

いずれにせよ、数々の常識を覆してきた同馬の今後に期待したい。

Wii 欲すぃ!2006年10月17日 19時49分50秒

今年の年末商戦、次世代ゲーム機として「Wii vs PS3」が注目されるが、
個人的にはWiiの勝利だと思われる。
今回は任天堂陣営に有利な条件が揃い過ぎている。
(事前アンケートでも、WiiがPS3を上回る結果が出ている)

・ニンテンドーDSの成功。Wiiのコントローラとしても使用でき、またDSを使った様々な追加機能があるらしく、DSユーザを取り込める要素。
・旧作ソフトをダウンロードでき、Wii上でプレイできる仕様を各社と提携。1ダウンロード数百円~千円?
(64、スーファミ、ファミコン、PCエンジン、メガドライブ、MSXのプラットフォームを提供)
・ソニー不祥事と、度重なるPS3発売延期での失望感。
・PS3の初期市場投入数の減少化。値下げ設定後も、なお高価格。(Wii \25,000 vs PS3 \49,800)
・PS3へのアンチテーゼとしてのハードスペック。
(高性能化、高価格化、高開発費への歯止め)
・新たなコントローラの提案。(リモコン、ヌンチャク、旧型コントローラ)

ソニー陣営 vs 任天堂(+ セガ、NEC)という構図が見えてくる。

6プラットフォームは魅力的。でもマニュアルはどうするんだろう?
PDFビューアとかでも搭載してるんだろうか?

MSXもできるのだがら、どうせならPC88、98系も再現して欲しいっす。
あぁ、これは久々に食指が動く、絶対に発売日ゲットしたいハードだなぁ。

http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html
http://www.nintendo.co.jp/wii/features/virtual_console.html

ディープ、ドーピング。2006年10月19日 22時55分41秒

ディープインパクトのドーピング違反が発覚した。
フランス凱旋門賞で、フランス国内では認められていない薬物が検出されていたことが発覚。仏競馬統括機関のフランスギャロからの通達で判明したらしい。
問題の薬品は、気管支拡張剤であるイプラトロピウム。
日本では問題視されていない薬品が、フランスでは違反となるのであれば、国際レースに出走することが珍しくなくなった今日、ボーダレス化に合わせて薬物規定も国際化させねばいかんのでは?JRAさん。

凱旋門賞3着の結果について、末梢されるか否か、フランスでの裁定が待たれる。

最近ディープに良いニュースが全くない。。。この期に及んで屈腱炎での引退だけは勘弁してくれ。