皇帝引退2006年09月10日 23時52分53秒

F-1、ミハエル・シューマッハが今季限りでの引退を表明した。
イタリアGPでも勝利し、今季はや6勝目。通算90勝。
昨年が1勝だけだったのに対し今年は完全復活。
正直、衰えての引退ではない。
7度の年間王者。前人未踏の通算90勝。69回のPP。
数え切れないほどの歴代記録更新。
もはや何をモチベーションとして行けば良いのか?
毎年毎年、今年限りで引退か?と囁かれるようになったし。
そして昨年は若手アロンソの年間王者。
このような流れで、若手へ道を譲ったのだろう。

合わせてフェラーリの来季体制発表。
1stドライバー キミ・ライコネン(2009年まで3年契約)
2ndドライバー フェリペ・マッサ(2008年まで契約延長)

ライコネンがフェラーリ入りかぁ・・・なんかイメージが合わんな。
マッサもライコネンもザウバーチームでデビュー。
何かの縁か。そう言えばザウバーチームはフェラーリよりだったしな。

イタリアGP3位表彰台のロバート・クビサ(21歳・ポーランド)。
参戦3戦目にしての表彰台はすごいな。
BMWは2台とも速かったし。今後に期待出来そう。

今年もあと3戦。
中国(上海)、日本(鈴鹿)、ブラジル(サンパウロ)。
鈴鹿も今年で見納めみたいだしなぁ。来年からは富士だし。

アロンソがエンジンブロー・リタリアでポイント無し。
シューマッハー優勝で一気にポイントが2点差となった。
引退の花道を年間王者で飾ることが出来るのか?
そうしたら、またカーナンバー"1"がいなくなってしまうな~
マンセル年間王者→インディ転向の時は、デイモン・ヒル0番、プロスト2番だったなぁ・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック